フルーツ青汁で摂取できる栄養

話題のフルーツ青汁とは?

フルーツ青汁で摂取できる栄養

フルーツ青汁で摂取できる栄養の前に、使用している材料から確認しておきましょう。
青汁としての効果が出るのは、大麦若葉やクマザサ、明日葉を使用しています。
大麦若葉には食物繊維・鉄分・葉酸・カルシウム、クマザサにはビタミンE・鉄分・βカロチン・亜鉛、そして明日葉にはナトリウム・パントテン酸・ナイアシン・ビタミンB2などの栄養が豊富に入っています。
青汁には苦みがあると言われ続けたのは、原料にケールを使用していたからだと言われています。
ケールを使用しなくてもバランスよく栄養が摂れるうえに、フルーツや野菜のエキスを配合していることから、飲みやすくなっているのも特徴でしょう。

また、酵素も一緒に摂取できるため、衰えがちな体の燃焼力アップにも役立ち、ラクリス乳酸菌やスポルス乳酸菌が腸まで届いて善玉菌を増やすのも利点です。
バランスの悪い食事が続くと善玉菌が減少し腸内環境が乱れます。
便秘になることから肌荒れも誘発しますし、免疫力が低下すると体の抵抗力が低下して健康的な美しさを保つのが難しくなるでしょう。
食物繊維や酵素、乳酸菌は、腸内環境改善に役立つことがわかっています。

フルーツ青汁は、以上のような理由から、美容にもダイエットにも、そして健康維持にも活躍すると考えられています。
色だけを見ると非常に濃い青汁ですが、フルーツジュース感覚で飲めるのが大きなメリットになります。
「マズイ」と言われる青汁ではなく、フルーツ青汁のように飲みやすいと、足りない栄養を補いながら、ダイエットや美容目的で楽しく続けられるでしょう。

話題のフルーツ青汁とは?新着情報